MENU

ジウィピーク(キャットフード) の口コミはよい?悪い?原材料や成分でも独自評価!

ジウィピーク

ジウィピーク(キャットフード)の基本情報

ジウィピークは、2002年創業のペットフードブランドです。製品はニュージーランドの食材を使い、ニュージーランドにある自社工場(キッチン)で丁寧に作られています。

ペットフードアドバイザー吉本

ジウィピークは、どちらかというとドッグフードのユーザーが多いような気がしますが、猫用も人気がありますので、さっそく口コミから見ていきましょう。

目次

ジウィピーク(キャットフード) の口コミ

ジウィピークの悪い口コミ

お試し購入しましたが、うちの猫は食べなかったです。体に合わなかったのか吐いてしまいました。

Amazonより抜粋

猫ちゃんにもよるんでしょうが、飼い猫3匹とも食いつき悪かった。

Amazonより抜粋

ジウィピークの良い口コミ

ロイカナの子猫用カリカリと子猫用ムースを混ぜて与えています。少しでも良いものを食べさせてあげたくて、成猫になるにつれてこちらに移行したいと思っていますが、食いつきも良く、便も好調です。

Amazonより抜粋

少し高いけど食べてくれるので、長生きして欲しいのでいい物をあげたいと思います。

Amazonより抜粋

ジウィピーク口コミまとめ

悪い口コミでは、食いつきが悪い、食べてくれない、高いのに…などが多く、健康によいだろうと愛猫にすすめてみるけど食べてくれない悲しい口コミが多いですね。

良い口コミでは、食いつきがよい、毛艶がよくなった気がする、うんちの量が減った、夜中にお腹すかせることがなくなった、美味しそうな匂いがする…などでした。

それぞれの猫の好みもありますので、飼い主様が体にいいから食べなさいと言ったところで、ですよね。

子猫のうちから慣らすか、移行するには前えさに混ぜるなど時間をかけて徐々に移行させるといいと思います。

高価なので、他のキャットフードと混ぜて使用している方もかなりいました。

ペットフードアドバイザー吉本

ジウィピークは、健康に良さそうだけど高いという口コミはなぜ多いのか、原材料や成分について見ていきましょう。

ジウィピーク「エアドライキャットフード」の成分

ジウィピークエアドライキャットフードの「原材料や成分で安全性はどうなのか」を検証します。

エアドライキャットフードには、チキン、ビーフ、ラム、ベニソン、マッカロー&ラムがあります。

ここでは、初めての方が選ぶ率の高い「チキン」について、原材料や成分を検証します。

エアドライキャットフードの基本情報

商品名エアドライキャットフード<チキン>
種類総合栄養食
主原料チキン生肉
対象年齢全年齢
エネルギー500kcal/100g
価格4,730 円(税込)Amazon価格
内容量400g
*価格や内容は変わることがあります。購入の際には公式サイトより最新の情報をご確認ください。

原材料

チキン生肉、チキンレバー生肉、チキンボーン、チキンネック生肉、ニュージーランド緑イ貝、チキンハート生肉、チキンカーティリッジ(軟骨)、イヌリン(チコリルート由来)、乾燥アップルポマース、ミネラル類(リン酸二カリウム、硫酸マグネシウム、亜鉛アミノ酸複合体、鉄アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、亜セレン酸ナトリウム)、乾燥オーガニックケルプ、海塩、酸化防止剤(クエン酸、天然ミックストコフェロール)、DLメチオニン、ビタミン類(塩化コリン、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビタミンD3サプリメント)、タウリン

保証成分

粗タンパク質 38.0%(以上)

粗脂肪 30.0%(以上)

粗繊維 3.0%(以下)

水分 14.0%(以下)

灰分 12.0%(以下) 

タウリン 0.20%(以上) 

原材料を見ていただくと、生肉という表記が非常に多いのがわかります。そして、どこの部位を使っているかというのが一目瞭然ですよね。

もちろん、人工の香料や着色料などは使用されていません。

「ニュージーランド緑イ貝」は聞きなれない素材名が原材料上位に記載されています。実は全てのZIWIピークのレシピに、緑イ貝が3%以上含まれています。緑イ貝には天然のオメガ3脂肪酸を含まれていて、皮膚と被毛の健康をサポートする働きがあるので、使われているのです。

猫の活動や成長に必要な保証成分も十分ですし、猫にとって良いフードと言ってよいでしょう。

エアドライキャットフード<チキン>400gの価格

口コミにも値段が高いと言われますが、ジウィピークを購入するにはどこが一番安いのか大手通販サイトを比較してみました。

通販サイトAmazon楽天市場Yahoo!ショッピング
値段4,730 円4,730円4,730円
送料無料無料無料

3つのサイト共に同じ値段なので、少しでもお得にという場合は、ポイントやキャンペーンなどで選ぶのがよいかと思います。

確かに400gでこの値段は高いと感じてしまうかもです。

他の商品と混ぜて使う、トッピングとして利用する人が多いという意味がわかります。

ただ、エネルギーが500kcal/100gありますので、量としては普段のキャットフードほど必要なく、小腹がすた~という訴えは減る可能性がありますので、実際はそこまで高額ではないかも知れません。

給餌量(目安)も掲載しますので参考にしてください。

体重(kg)12345678
運動量が少ない1423303642475356
運動量が多い1826374552596672

ジウィピークエアドライキャットフードの評価

ジウィピーク評価
★★★☆☆

ジウィピークエアドライキャットフードについて当サイトでは★3つの評価としました。

安全安心面でいえば5つ★でもよいくらいですが、高価であることと、「食べない」「食いつきが悪い」という口コミも含めて判断しました。

形状がこれまでのキャットフードと違う点も猫と飼い主が戸惑う部分かとも思います。

からだに良くても食べてくれなくては意味がありません。

徐々に慣らしていく努力も必要かとも思いますが。

形状に戸惑いも…

ジウィピークキャットフード ラインナップ

エアドライキャットフード<チキン>以外の商品をご紹介します。

総合栄養食のレシピ

総合栄養食のレシピには、エアドライシリーズとウェットフードがあります。

【エアドライシリーズ】

エアドライ・キャットフード ビーフ

環境に配慮した畜産家から仕入れるニュージーランドのグラスフェッドビーフ(牧草牛)を使用しています。

エアドライ・キャットフード ラム

ラムの産地として有名なニュージーランド、温暖な気候と肥沃な土壌の恵みを受け、一年中草を食んで育ったラム肉を使用しています。

エアドライ・キャットフード ベニソン

キャットフードの食材としては聞きなれない「ベニソン」とは鹿のことです。ニュージーランドでは、グラスフェッドベニソン(牧草鹿)が、よい環境下で育てられており新しいたんぱく源として注目されています。

エアドライ・キャットフード マッカロー&ラム

ニュージーランド近海で環境に配慮した方法で漁獲された天然マッカロー(サバ)と、放し飼いのラムを完璧に組み合わせたレシピです。

ウェットフード

ジウィピーク

ウェットキャットフードには「ビーフ」「チキン」「ラム」「マッカロー&ラム」「マッカロー」「ベニソン」「オタゴ・バレー」「ハウラキ・プレーンズ」「イーストケープ」があります。

素材がわかりにくい商品について解説します。

プロヴェナンス ウェットキャットフード<オタゴ・バレー

放し飼いで育てられたグラスフェッドビーフ、ベニソン、ラム、そして天然のホキとサザン・ブルー・ホワイティング(ミナミダラ)をブレンドした商品です。

プロヴェナンス ウェットキャットフードハウラキ・プレーンズ

放し飼いの鶏と新鮮な卵、ニュージーランド産の鴨と七面鳥、そして天然のカハワイ(ニュージーランドの魚)も使用されています。

プロヴェナンス ウェットキャットフードイーストケープ

放し飼いのラムとヤギ、そしてカハワイ、ホワイトトレバリー、サバといった天然魚がブレンドされています。

ジウィピークQ&A

ジウィピークではドライフードのことを「エアドライ」と呼ぶのはなぜですか?

ジウィピークのドライフードはエアドライ製法で作られています。

多くのペットフードは、大量のフードを高温加熱で短時間で処理していますが、ジウィピークでは、何世紀にもわたり行われてきた伝統的な肉の保存方法に現代的な手法を加えて、人工保存料は使用せず生肉の栄養を閉じ込めています。

生肉の良さと、ドライフードの利便性を兼ね備えたキャットフードです。

他社のドライフードにふりかけのように使っても栄養面で問題ありませんか?

公式サイトに「総合栄養食として、栄養価の高いトッピングとして、または美味しいおやつとしてお使いください」とありますので、今食べているフードにふりかけても問題ないです。口コミを見てもそのように使っている例がたくさんありました。

ジウィピーク キャットフードのまとめ

ジウィピークのキャットフードをおすすめしたいのはこんな猫

・お肉そのものの風味が好き

・人工香料や保存料、着色料が気になる

・すぐにお腹がすいてしまう

・便の量が多い

・子猫からシニアまで同じフードにしたい

・値段は気にしていない

・アレルギーがある

当てはまる項目はありましたか?

このサイトでは他にもキャットフードを紹介していますので、お役立てください。

おすすめのキャットフード総合ランキング>>

この記事が読まれています

目次