MENU

【猫の毛玉ケア】おすすめのキャットフードで対策!選び方の注意点も解説

「毛玉ケア用キャットフード」と言っても、様々なブランドから発売されていますので、どれを選んだらいいのか迷いますよね。

このサイトでは毛玉ケアによいキャットフードの選び方と商品の紹介をします。

ペットフードアドバイザーの吉本からひと言
毛玉を吐く猫が苦しそうで、何とかしてあげたいと思う飼い主さんも多いのではないでしょうか。様々な対策が考えられますが、フード選びも重要なポイントとなってきますので、もう一度、毎日与えているフードについて見なおしてみませんか?

目次

毛玉ケアキャットフードおすすめ

「毛玉ケア」と書いてある商品を比較

パッケージに「毛玉ケア」と書いている商品の中でも「おすすめ」できるものをご紹介します。

フード名主原料繊維量特長
ロイヤルカナン ヘアボールケア
ロイヤルカナン ヘアボール
肉類
(鶏、七面鳥)
15%サイリウムや不溶性食物繊維などの複数の食物繊維を配合し、健康的な消化管の運動を維持することで、毛の排出をサポートします。
ニュートロナチュラルチョイス毛玉トータルケア アダルトチキン
ニュートロ 毛玉
チキン(肉)6.5%以下自然由来の食物繊維をバランス良く配合。可溶性食物繊維を豊富に含むオオバコ種皮を配合。
アイムス 成猫用毛玉ケア チキン
アイムス毛玉
肉類3.0%以下天然の食物繊維を配合し、お腹にたまった毛玉が便と一緒に排出されるようにサポートします。
サイエンスダイエット 室内猫の毛玉・体重ケア アダルト1~6歳 成猫用チキン
サイエンス毛玉
トリ肉
(チキン、ターキー)
8.2 %独自の食物繊維ブレンドで体内の毛を無理なく排泄し、毛玉の軽減をサポートします。
モンプチバッグナチュラル毛玉ケア
モンプチヘアボール
チキン5.1%以下食物繊維を配合し、毛玉を自然に排出するようにサポートします。

「毛玉ケア」とは書いていないが対策になる商品

特に「毛玉ケア」とは書かれていない商品の中でも「おすすめ」できるフードをご紹介します。

フード名主原料繊維量特長
ハッピーキャット
ファームラム
ハッピーキャット
ポルトリープロテイン10.0%以下腸内環境を整えて消化を促進してくれる各種ハーブや植物オイルなどの自然の恵みをバランスよく配合しています。
ハッピーキャット詳細
モグニャン
モグニャン
白身魚5.25%以下消化の良い白身魚を65%使用。穀物を一切使用せず、サツマイモやセイヨウタンポポでスッキリを促します。
モグニャン詳細
カナガン
キャットフード
チキン
カナガンチキン
乾燥チキン3.25%以下食物繊維が豊富なサツマイモ・ジャガイモなどが配合され、消化吸収にも配慮しています。
カナガン詳細
グランツ
チキン&サーモン
グランツ
チキン、サーモン4.5%以下穀物不使用。代わりに「さつまいも」「エンドウ豆」「ひよこ豆」など消化しやすく食物繊維豊富な材料を使用し、お腹の調子を整えてくれます。
グランツ詳細
ファインペッツ
キャットフード

肉(アヒル、ニシン)2.3%ヒューマングレードの素材にこだわった、消化吸収率87%のプレミアムフード。「吐き癖がなくなった」という口コミもあり。
ファインペッツ詳細

おすすめ毛玉ケアキャットフードの詳細

ハッピーキャット ファームラム

ハッピーキャット
原産国ドイツ
販売会社ワールドプレミアム株式会社 
主原料ポルトリープロテイン、ラムプロテイン
対象年齢成猫用
粒の大きさ中粒 
エネルギー376.5kcal/100g
価格300g ¥1,452(税込)
 1.3kg ¥4,719(税込)
 4kg ¥10,164(税込)
【定期購入】
300g ¥1,452(税込)
1.3kg ¥4,719(税込)
4kg ¥10,164(税込)
*公式サイトより
内容量300g 1.3kg 4kg
*価格や内容は変わることがあります。購入の際には最新の情報をご確認ください。

カナガン キャットフード チキン

カナガンチキン
原産国イギリス
販売会社株式会社レティシアン
主原料チキン
対象年齢オールステージ
粒の大きさ小粒
エネルギー405kcal/100g
価格通常価格 4,708円
定期価格 4,237円
内容量1.5kg

モグニャン

モグニャン
原産国イギリス
販売会社株式会社レティシアン
主原料白身魚
対象年齢全ての年齢に対応
粒の大きさ直径約8ミリ(小粒)
エネルギー(100gあたり)379kcal/100g
価格4,708円
内容量1.5kg

グランツ チキン&サーモン

グランツ
原産国フランス
販売会社株式会社GRANDS
主原料チキン、サーモン(7割)
対象年齢成猫(1歳以上)
粒の大きさ小さめ
エネルギー358kcal/100g
価格公式サイト定期
【初回お試し価格】1,000円(500g+50g×2)
【2回目】4,800円
【3回目】4,800円
内容量1袋500g
*価格は変わることがあります。購入の際にご確認ください。

ファインペッツ キャットフード

原産国カナダ
販売会社株式会社エヴリワンズ
主原料肉(アヒル、ニシン)
対象年齢全年齢・全猫用
粒の大きさ小さめ(直径は 約8mm )テトラ形
エネルギー427.2 Kcal/100g
価格公式サイト定期
【お試し用】1,000円(税込み)
【通常】4,546円(税込み)
内容量1.5kg 
*価格は変わることがあります。購入の際にご確認ください。

毛玉ケアでおすすめするキャットフードの条件

  • 食物繊維が適度に含まれている
  • 胃腸によい成分が入っている
  • 穀物使用量が少ない又はグレインフリー
  • 炭水化物が少ない
  • 添加物が少ない

私は上記のような条件をもとに「おすすめ」を選びました。では、その理由について解説していきます。

食物繊維が適度に含まれているキャットフード

食物繊維が豊富と言っても「穀類」を主原料としているフードは、猫の消化に悪く消化器官への負担が心配です。また、食物繊維があまりにも多すぎると同じように猫の胃腸への負担が大きくなってしまいますので、「毛玉ケア」といって極端に食物繊維の量を増やしているフードにも注意するべきです。

*毛玉対策の食物繊維の目安としては5%程度。

胃腸によい成分が入っているキャットフード

胃まで入ってしまった毛を便として排出するには、食物繊維や乳酸菌といった排泄を促す成分の力を借りることも大切です。

「毛玉ケア」と表記のあるキャットフードには、天然由来の食物繊維やハーブ、植物オイルなどをプラスしている商品があります。

お腹の調子を整えることによって毛玉ケアの改善にもつながる場合もあります。

穀物使用量が少ない又はグレインフリーのキャットフード

食物繊維が毛玉排出に必要と言ってきましたが、小麦などの穀物で食物繊維を補うのは逆効果です。

猫は穀物の消化が苦手なのでかえって、毛玉詰まりの原因になってしまいます。

なので、主原料は穀類ではなく肉類のキャットフードを推奨しています。

おすすめキャットフードの食物繊維は、穀類からではなく豆類、芋類、海藻類などが使用されていることが多いので原材料からチェックしてみてください。

炭水化物の量に気を付ける

これは穀物フリーかどうかにも大きく関わってくるのですが、炭水化物=糖質ともいえるので、穀類のような炭水化物が多いと結局、糖質が多くなりすぎる傾向にあります。

キャットフードでは、糖質の表示義務はありませんので、成分表を見てもわからない場合が多いでしょう。

穀物やイモ類が原材料の上の方に表示されている場合は注意が必要です。

猫は人間とは違い糖質をエネルギーとして利用することが得意ではありません。逆に消化吸収率が悪く猫の負担となりよいことがありません。結果、内臓の働きを悪くし、本来スムーズに排泄される毛玉もうまく排泄されない可能性も。

猫は糖尿病のリスクも非常に高いと言われていますので、糖質の取り過ぎは普段のフードでしっかり対策してあげてください。

添加物が少ないキャットフード

毛玉ケアと添加物というのは、関係がないようにも思えますが、着色料や香料といった添加物は本来、猫の食べ物として必要のないものです。人間にとっての「きれい」や「よい香り」は猫にとって何の意味もありません。

むしろ過剰な添加物は猫の消化によくない可能性しかありません。

見た目は悪くとも、人間にとって匂いがきつくても、第一に猫の健康によいフードを選んであげてください。

フード以外の毛玉対策についてはコチラもご覧ください。

毛玉ケアキャットフードおすすめQ&A

Q「猫は吐くのがあたりまえ」と聞きましたが、どの猫も吐くのでしょうか?

猫が吐きやすいのは、食べ物を丸のみしていることが一因としてあります。なので、どの猫も吐く可能性はありますので特別なことではありません。

猫にも早食いの猫もいれば、カリカリを比較的かみ砕いて食べている猫もいるので、食癖や性格的なものもあるでしょう。

また、胸やけした際に、自然界なら草を食べて、わざと吐き出す行為をしたりもします。室内飼いでも猫草を用意しているご家庭もあるかと思いますが…。

毛玉を吐くという行為も猫にとっては大切なことなので、猫が吐いた場合には、何をどれだけ吐いたのかをきちんと観察してあげることが大切です。

毛玉ケアおすすめキャットフード【まとめ】

毛玉ケアとキャットフードについて調べていると、わざわざ「毛玉ケア」「ヘアボールコントロール」と表示されていなくても、毛玉ケアにとてもよい商品があることがわかりました。

猫の健康によいフードを選べば結果的に「毛玉ケア」にもなり、美味しいごはんは「ストレス」による過度な毛づくろいも減らすことができるのではないでしょうか。

ただ、中にはすでに重度の「毛球症」になっており、フードやその他のケアでは改善しないところまで、症状が進んでしまっている場合がありますので、その場合は医療機関での処置が必要になってきます。

1日何度も吐く、消化不良が続く、痩せてきたなど心配な場合は医療機関を受診してください。

この記事が読まれています

目次